×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

各所の清拭の方法・注意点を紹介しています。
介護保険制度
新介護保険制度のニュース
新しい制度の変更点
◇新制度の概要
◇新介護保険の手続き
◇新介護保険の費用
◇新介護保険サービスの内容
◇新サービスの選び方
◇質問集

介護方法
体位交換
着衣交換
食事介助
入浴介助
清拭

陰部洗浄とオムツ交換
口腔ケア

お役立ちページ
介護・福祉用語

介護用品の紹介
別サイトに飛びます
寝具
車椅子
杖・歩行器
風呂・入浴用品
トイレ・トイレ用品
オムツ・リハビリパンツ
各種自助具
介護衣料品
介護食品
◇書籍・ソフト
その他

介護・福祉の資格
介護関連の資格取得
医療関連の資格取得
リハビリ関連の資格取得
その他の資格取得

各講座・資料請求

介護方法 清拭

◆清拭の目的と注意点
体調不良などで入浴できないとき全身清拭をすることで、身体の清潔を保つことができます。
手浴、足浴(部分浴)は清潔効果のほかに気持ちを落ち着かせる効果があるので、マメにするのも良いです。

(全身清拭の注意点)
排泄をできるだけしておく。(おむつをしてる方はこの限りではありません)
空腹満腹時(食事の1時間前後)は避けること。
室温はは22〜26℃に保ち、すきま風が入らないようにする。(できれば日中の暖かい時間帯に行う。)
安楽で安定した体位で行います。
手早く行うために必要な物を使いやすく配置する。
短時間(20分くらい)で手早くすませるようにする。
お湯、タオルが熱くならないようにする。

                                                      ↑PAGE TOP

◆清拭の順序と方法



手浴   足浴   全身清拭


手浴
(用意するもの)
洗面器などの桶、ぬるま湯(32〜35℃くらい)、指し湯(35℃〜)、防水シート(ないときは大き目の袋など)、タオル、石鹸や清拭剤

(座位で手浴)
@ テーブルに防水シートを引き、ぬるま湯をセットする。
A 手をしばらく浸していただく。
B 石鹸をつけて手を洗っていただく。
C 麻痺がある方の手は、介護者が声掛けし介助する。
D お湯を替える。
E 石鹸を綺麗に洗い流していただく。
F タオルで手を拭いていただく。
G 麻痺がある方は、充分に拭けない場合があります。必要に応じて、介助する。
*清拭剤は流し落とす必要のないものがあるので便利です。
*ほんの一例です。その人に合わせた方法で意思を尊重して介助してください。

(ベット上で手浴)
@ 側臥位になっていただく。
A ベット上に防水シートを敷き、ぬるま湯をセットする。
B 上になってる手をしばらく浸していただく。
C 石鹸をつけて手を洗っていただく。
D 充分に洗えない時は、声掛けして介助する。
E お湯を替える。
F 石鹸を綺麗に洗い流していただく。
G 充分に洗え落とせない時は、声掛けして介助する。
H タオルで手を拭く。
I 反対側を向いていただき、@からを繰り返す。
*清拭剤は流し落とす必要のないものがあるので便利です。
*ほんの一例です。その人に合わせた方法で意思を尊重して介助してください。

                                            →清拭MENU  ↑PAGE TOP


足浴
(用意するもの)
足の入る桶、ぬるま湯(32〜35℃くらい)、指し湯(35℃〜)、防水シート(ないときは大き目の袋など)、タオル、石鹸や清拭剤

(座位で足浴)
@ 足元に防水シートを引き、ぬるま湯をセットする。
A 足をしばらく浸していただく。
B 足に石鹸をつけて洗う。この時、、指の股を綺麗に洗う。
C お湯を替える。
D 石鹸を綺麗に洗い流す。
E タオルで足を拭く。この時、足の股をよく乾燥させる。
*清拭剤は流し落とす必要のないものがあるので便利です。
*ほんの一例です。その人に合わせた方法で意思を尊重して介助してください。

(ベット上で足浴)
@ 仰臥位になり膝を立てていただく。
A 足元に防水シートを引き、ぬるま湯をセットする。
B 足をしばらく浸す。
C 足に石鹸をつけて洗う。この時、、指の股を綺麗に洗う。
D お湯を替える。
E 石鹸を綺麗に洗い流す。
F タオルで足を拭く。この時、足の股をよく乾燥させる。
*清拭剤は流し落とす必要のないものがあるので便利です。
*ほんの一例です。その人に合わせた方法で意思を尊重して介助してください。

                                            →清拭MENU  ↑PAGE TOP


全身清拭

(用意するもの)
洗面器などの桶2個、お湯(50〜55℃くらい)、指し湯(50℃〜)、防水シート(ないときは大き目の袋など)、清拭用タオル4〜5枚、バスタオル1枚、清拭剤

@ 洗面器1つにお湯と清拭剤を入れる。
A 顔を拭く。
B 上半身の服を脱がす
C 首を中心から外に拭く。
D 手、指を拭く。次に腕を手から肩に向けて拭く。
E 手を上げて脇の下を拭く。
F 胸部〜腹部を拭く。
G 側臥位にする。(拭き足りない時は、逆側にも向いてもらう)
H 背中を拭く。
I 上半身の服を着せる。
J 下半身の服を脱がす。(この時、臀部下にタオルかフラットシートを敷くと寝具を汚すことがありません)
K 足先と指を拭く。次に足首から腿にむかって拭く。膝の裏は、円を描くように拭く。
L 側臥位にする。(拭き足りない時は、逆側にも向いてもらう)
M 臀部を拭く。
N 仰臥位にして、両膝を立てる。
O 陰部を拭く。
(男性の場合)

1)陰茎を持ち、包皮の中と亀頭を拭く。

2)陰のう・陰茎を拭く。

3)性器を持ち上げ、肛門周りを拭く。

(女性の場合)

大陰唇を指で軽く開き、丁寧に軽く拭く。

P 下半身の服を着せる。
*お湯がぬるくなったら指し湯をしてください。
*タオルが冷えてきたり汚れてきたら洗うか交換してください。
*肌が露出しないようにバスタオルで保温しながら行ってください。
*ほんの一例です。その人に合わせた方法で意思を尊重して介助してください。

                                            →清拭MENU  ↑PAGE TOP


管理人部屋
ブログ「介護あれこれ」 更新
大山@管理人のこと
サイト/リンクについて
大山にメール

掲示板
準備中

リンク集
介護・福祉のサイト集
◇大山のお気に入り